呉青年会議所でワークショップをおこないました

広島県呉市にある社団法人呉青年会議所の例会でワークショップをおこないました。詳しくはこちらをご覧ください。

呉青年会議所例会でミニワークショップ(杉本講師)(メディア情報文化学科のブログ | 福山大学 )
http://http://blog.fukuyama-media.jp/2011/05/blog-post_17.html

呉でのムービーカードワークショップ (MIYABARA Mika)
http://www.miyabaramika.com/archives/2375

2011年5月9日
クレイトンベイ・ホテル(広島県呉市)

フィンランドの小学校でワークショップをおこないました

フィンランドの小学校でワークショップをおこないました。 詳しくはこちらをご覧ください。

フィンランドの小学校でワークショップ(SUGIMOTO Tatsuo)
http://www.sugimototatsuo.com/archives/370

2011年3月24日
Strömbergin Koulu(ストロンベルギン・コウル/ストロンベリ小学校)日本クラブ

デジタルのはらっぱであそぼう!

デジタルのはらっぱで遊ぼう!
オープンしたばかりの「アーツ千代田3331」で、4つのワークショップが集まってワークショップと展示とトークを行います。

8月10日(火)はムービーカードのワークショップです。

東京で参加できるムービーカードワークショップは珍しいので、ぜひみなさんご参加ください。 対象は小学生となっていますが、こどもの心を持った大人は特別に参加できます!

詳細と申し込みはこちらをご覧ください。
http://www.d-hara.org/event/

デジタルワークショップ開発者組合「デジタルのはらっぱであそぼう」

デジタル技術で子どもたちの創造性を引き出すことは、新しいチャレンジです。強い刺激で興味を惹くのではなく、子どもたちの「創る」を真に支援し伸ばしたい、そんなグループが集まり展示とワークショップを開催!

●フラットーク「デジタルの遊びを語ろう」
2010年8月11日(水) 16:30〜18:30
デジタル空間は子どもたちにとって、はらっぱとおなじように自由に遊んだり学んだりできる場です。そんな思いで長年活動してきた4つのデジタルワークショップのメンバーと一緒にデジタルの遊びや学びについて、フラットに語りましょう。

デジタルの遊びをフラットにインタラクティブに語ります。チャートイットをつかってみんなの意見を共有して、みえてくるのは未来のデジタルの遊びです。

コンダクター:安永哲郎さん(コクヨ「ヒラメキット」の開発者のひとり)・宮原美佳(ムービーカード)
カフェプロデュース:大西景子さん(BOX & NEEDLE・おもてなしのプロ) 
カフェ店長:釆見達也さん(早稲田大学学生)

対象・定員:大人40名
申込み:事前予約(申込み多数の場合は抽選とさせていただき、結果をメールでお知らせいたします。)
申込締切: 8月4日
参加費:1,000円(飲み物と小菓子つき)

●ワークショップ

「ムービーカード」 by 宮原美佳+杉本達應
紙のカードでアニメーションの編集。自分だけの新しい物語が動きだします。
日時:8月10日(火)13:00〜15:00
対象・定員:小学生16人
参加費:500円
申込み:事前予約(先着順)

「ピッケのつくるえほん」 by 朝倉民枝
画面上でおはなしづくり。プリントして絵本に製本。物語をつくり、伝えましょう。
対象・定員:
8月10日(火)16:00〜18:00 :幼児親子 8組
8月11日(水)13:00〜15:00 :小学生  10人
参加費: 500円
申込み:事前予約(先着順)

「ビスケット」 by 原田康徳+山口尚子
みんなにプログラミングの楽しさを伝えます。コンピュータを粘土にしよう。
日時:8月12日(木)13:00〜18:30
参加費: 500円(ビスケットとアニマカートの両方できます)
申込み: 当日受付

「アニマカート」 by トリガーデバイス+布山タルト
手押し車型の撮影装置をつかって、みんなの描いた絵がすぐアニメーションになります。

日時:8月12日(木)13:00〜18:30
参加費: 500円(ビスケットとアニマカートの両方できます)
申込み:当日受付

会場:3331 Arts Chiyoda/アーツ千代田3331(東京都千代田区)
詳細と事前予約はコチラから>>http://www.d-hara.org/event/

2010年4月30日 トークサロン+ワークショップのお知らせ

写真に関する魅力的なイベントをたくさん企画されている「マレビトスクール」に、ムービーカードが登場します。

トークサロン+ワークショップ 「ムービーカードで体験する、映像編集と物語の作り方」

講師/ワークショップ指導 宮原美佳
進行役 小林美香さん
日時:2010年4月30日(金) 19:00ー21:00
会場:NADAR/SHIBUYA355 150-0002 東京都渋谷区渋谷3-5-5 HAKKAビル2F
定員:15名
参加費:1500円 (資料/飲物代込み)
お問い合せ/申込先 mika@marebito-school.com
希望人数とお名前をお知らせ下さい。

ムービーカードは、カードゲームのようなプロセスで、アニメーション映像と言葉、音声の関係を体験しながら、編集のプロセスや考え方を学ぶことができる画期的なツールです。 このツールを開発し、国内外の教育機関や美術館などでワークショップの企画/運営をしているメディア・アーティストの宮原美佳さんをお招きして、ムービーカードの開発にまつわるお話を伺い、実際にムービーカードを使って参加者の皆さんによりグループで簡単なワークショップを行います。 ブログやフリッカーを使ったり、ウェブサイトを作ったり、ポートフォリオの制作や展示のアイデアを練る中で、写真の順番や構成を考える機会を持つ方も多いことでしょう。今回のワークショップでは、写真は使いませんが、ムービーカードを使ったグループでのコミュニケーションを通したワークショップから、写真の編集に役立つアイデアを発見して頂けると思います。映像編集に関する知識はまったくいりません。お気軽にご参加下さい。

トークサロン+ワークショップ 「ムービーカードで体験する、映像編集と物語の作り方」
http://marebito-school.com/2010/04/19/movie-cards/

チャートイット!とムービーカード

すでに終わってしまいましたが、「MELL EXPO (メル・エキスポ)2010」に出展とプレゼンテーションを行いました。

MELL EXPO 2010
2010年3月5日〜7日
東京大学大学院情報学環 福武ホール
http://mellplatz.net/info/expo/000208.php

出展したのは、「チャートイット!」と「ムービーカード」です。

「チャートイット!」は、会議やシンポジウムなどで、参加者の意見をその場で集計してグラフを生成したり、書き込まれた文字を一覧することができるツールです。写真は、今回「このような場所で、意見や質問を言えなかったことがありますか?」という質問に答えてもらったところです。来場者の方に回答してもらうと、グラフが更新されます。グラフを見ると、「よくある」、「ときどきある」が多いなかで、「あとで直接言う」という回答も少しあったことがわかります。

R0015063R0015041

「チャートイット!」については、こちらのエントリーもご覧ください。

「Chart It!」を披露しました
http://www.moviecards.org/2008/09/27/「chart-it」を披露しました/

また、プレゼンテーションの模様をフリーライターの岩本太郎さんがレポートされていますので、こちらもご紹介します。

チャートイット&ムービーカード
http://air.ap.teacup.com/taroimo/81.html

「ムービーカード」は、聞いたことはあっても、これまで体験したことがない方に、体験していただくことができました。

「チャートイット!」は、これからも様々な場所で使っていきたいと思っています。ご興味のある方はご連絡ください。会場でご意見いただいた皆さん、ありがとうございました。

鳴かぬなら…みんなで鳴こう!

ムービーカードプロジェクトより、新しいプロジェクトのご紹介です。
先日、早稲田大学の授業で初お披露目しました。

R0011635R0011650

Hototogiss(コードネーム)
森のあちこちで、ホトトギスがそれぞれの節回しで鳴いている風景をイメージしています。

Hototogissは、指定のアドレスに送ったケータイメールをその場で集計し、全員で共有できるシステムです。ケータイ版チャート・イット!とでもいうべきものです。

チャート・イット!
http://www.moviecards.org/2008/09/27/「chart-it」を披露しました/

紙に手書きするのもよいですが、ケータイで投稿するというのも、若い人には受け入れやすいと思います。これを実現するにはシステムの開発だけではできません。まず、ケータイでの投稿を受け入れる登壇者の勇気と覚悟が必要です。投稿されたメッセージはできるだけ全員で共有し、場の雰囲気をオープンにする必要もありますね。

今回は、ゲスト講師の鷲尾和彦さんにケータイコメントの受け入れを快諾していただきました。ありがとうございました。

システムの開発作業は、約1日だったため、まだ十分な機能はありませんが、今後拡張していきたいと思っています。
一般への公開はまだ未定ですが、使ってみたい方はご連絡ください。

声なくても質問(MIYABARA Mika)
http://www.miyabaramika.com/archives/23

ケータイで授業(SUGIMOTO Tatsuo)
http://www.sugimototatsuo.com/archives/94

えいがのじかんでワークショップ

東京フィルメックスが主催する、 子ども向けの映画制作ワークショップ「えいがのじかん」のなかで、ムービーカード・ワークショップを実施しました。

参加者は、小中学生約40名です。映像も、言葉や表情などとおなじく、人と人のコミュニケーションの道具になることを作品作りをとおして体験してもらいました。

IMG_6698

えいがのじかん
子ども映画制作ワークショップ「映画」の時間
・日時:2009年3月29日(土)10:30-12:30、13:30-15:30
・場所:慶應義塾大学 三田キャンパス 東館6階 グローバルスタジオ
・主催:特定非営利活動法人東京フィルメックス実行委員会

公式サイト
http://www.filmex.net/eiganojikan/2009/

年の初めのワークショップ

まだ正月気分が抜けない? 冬休み最後の日に、 ムービーカード・ワークショップを開催しました。

・会場 荏原文化センター 講習室(品川区)
・日時 2009年1月7日(水) 16:00?18:30

今回は、こどもたちに英語に親しんでもらう会の活動をされている方から声をかけていただき、企画していただいたものです。 英語サークルとはいっても、今回のワークショップは日本語で、ほっとしました。

となりの部屋からは、お琴教室の優雅な音が聴こえるなかで、少人数、アットホームな雰囲気で、じっくりと創作活動に取り組む、わりとゆったりとしたワークショップになったと思います。

私たちへのコンタクト、会場づくりから、参加者あつめ、当日の司会まで、すべての運営を切り盛りされた企画者Kさんの行動力には頭が下がります。また、用意いただいた手づくりの名札が、とてもよくできていて感動しました。 私たちも夢中になっていて、記録写真を撮り忘れてしまったのが残念です。

APLAS SAPPORO 2008環境展でワークショップ

APLAS SAPPORO 2008環境展で、ムービーカードワークショップを実施しました。

2008年10月22日(水)・23日(木) 9:00−16:30
ものがたりが動き出す! Movie Cardsワークショップ
(主催:北海道バイオマスコミュニティプロジェクト 提供:日本ワークサポート株式会社)
APLAS SAPPORO 2008環境展(主催:アジア太平洋埋立国際会議札幌2008実行委員会)
会場:京王プラザホテル札幌 プラザホール
入場無料