メルプラッツWS 感想+分析

ワークショップ参加者の感想です。

視点カード『動物愛護団体』
タイトル「告発! これでいいのか」

・いくつかのパターンがかんがえられたため何度も迷った。
・野にかえるパターン(ハッピーエンド)
・告発型
・動物保護団体というものに対するイメージは比較的メンバーで共有されていた。
・紋切り型でないものをつくろうととして苦労した。
・結局もっともオーソドックスなパターンにおちついた。
・べたべたの音楽とタイトルをつけた。
・ナレーションなしで伝えるのは難しい
・オチや起伏がない。
・カードを増やすとかえってわかりにくくなる。

視点カード『サルの調教師』
タイトル「ひで男と私の初舞台」
・わかりやすいサクセスストーリー、ハッピーエンド。
・さるのカードが多いと調教師という視点がぼけてしまう。
・練習中のカードを入れたかったのに流れにあうものがなくて捨てた。
・音を消すとサルの緊張感が伝わりやすかった。

視点カード『サル(?)』
タイトル「明日があるさ〜スターからの転落〜」
・思った以上に伝わった。
・本当は描きたかったハッピーエンドがカード不足のために伝えられなかった。
・ストーリに軸をもたせるのがむずかしかった。
・ナレーションがないので画だけでつたわるのか心配だったけど
思った以上に伝わったのが意外だった→自分のなかの固定概念があるのかも。
・オリで運ばれるカードのあつかいがポイントになった。
・映像と音声のみで送り手として伝えるのが大変だと思った。
受けての固定概念をくつがえすのは難しい。
・軸や切り口がメンバーの中で共有をしっかりとしていないと、組み立てられないと
感じました。ナレーションや台詞がいかに受けてを理解させるために重要かと…。
・BGMは有効的だと思いました。
・ストーリーの伝わりが人それぞれなのに驚きです。

視点カード『2050年にこの映像を発見した人』
タイトル「大スクープ!! 貴重な生きているサルの映像発見」
・使いたい画像や好きな画像が使えないことがある。
・時代設定のために使えないカードがある。
・言葉(ナレーション)が使えない分、
逆にタイトルのみで含みをのこしたストーリをつくることができた。
・画像の組み合わせに必ずしもストーリ性を必要としないことがある。
タイトルで表現して、あとは見る人が補完する。
・タイトルで絶滅を説明できたかも。
・2010年、急激な気候変動の影響とウィルス性の病気の流行により
絶滅したニホンザル。取材班はこの絶滅直前の貴重な映像を発見した。

視点カード『子育て中の母親』
タイトル「しっかりせえょ〜」
(このチームは説明文が行方不明)
>視点カードの解釈が難航し、難しかったチーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です