相手が貰って困ってしまう“残念なプレゼント”にならないように気をつけたいポイントとは?

嬉しいはずのプレゼントで困ってしまう

お手上げのポーズ大切な人や友人から貰うプレゼントは本来無条件に嬉しいもの…。

 

しかし、現実は「もらって困る」贈り物も少なからずありますよね。例えば「どうやって使うの?」というものや「好き嫌いがはっきり分かれる…」といった扱いに困るものはプレゼントしても逆効果かもしれません…!

 

喜んでもらいたくてプレゼントしたものが、実は相手にとっては「扱いに困るもの」だった…ということにならないように、プレゼント選びには細心の注意を払いましょう!

 

 

好みでない「アパレル製品」

困るプレゼントの代表例が”衣服”または”スニーカー”などのアパレル製品です!

 

衣服やスニーカーの好みは絶妙な塩梅で成り立っている場合があり、似たような系統の服でも簡単に「好みじゃない…」が生まれてしまう非常に難しい贈り物になります。

 

また、よく知った友人へのプレゼントでも「サイズが合わない」といった事故もよく起こります。

 

結果的に着用する機会もなく、捨てることもできずタンスの肥やしに…なんて悲劇が起こってしまう、上級者向けのプレゼントになるでしょう。

 

 

減らない「キャンドル」

アロマキャンドル”や”石鹸”など、普段なかなか使わない上、消費に時間がかかるアイテムは人によっては「扱いに困る」プレゼントになってしまいます。

 

大抵そういったものは香りを楽しむのですが、その香りも独特なものが多く「好みでない」場合がはっきり分かれるでしょう。

 

また、体に使う石鹸や、香りを取り入れるアロマキャンドルは体質によって「害」となってしまう場合があります。

 

特に化粧品やキャンドルに用いられる「パラフィン」は低い確率ですが”目に刺激を与える”可能性があるので、アレルギー体質などの繊細な感覚の持ち主へのプレゼントには注意が必要です。

 

 

気持ちが強すぎる「手作りおかし」

嬉しくない手作りケーキ”手作りのお菓子”は比較的「重い」という印象を与えるプレゼントになります。

 

特に男性においては「人が握ったおにぎりは食べられない」というような、生活感のある手作り製品を受け付けられない人も少なくありません。

 

同様の理由で”手作りマフラー”もあまり好まれない場合があります。

 

マフラーの場合、顔の周りに身につけるものだけに「肌が弱いと皮膚が荒れてしまう恐れ」があります。

 

そのような理由があってマフラーには特別なこだわりがある場合、着けることすら出来ない場合もありますので気をつけましょう。

 

 

あくまで気をつけてプレゼントをしたい

ご紹介したようなプレゼントは「苦手な人が多い」というだけで、誰もがもらって嬉しくないものではありません

 

それでもプレゼント選びに迷ってしまったら「なかなか買えない気になっているもの」を徹底的にリサーチしてプレゼントすると、ハズレは高確率で回避できます。

 

もしご紹介したプレゼントを行いたい場合は「一緒に選ぶ」「一緒に作る」等で解決できる場合もありますので、まずは真心を込めて喜んでもらえるプレゼントを考える事が大切なのではないでしょうか。
世界に一つだけのオーダーメイドプレゼント

TOPへ