家族へのプレゼントの選び方で重要なのは、感謝の気持ちを表現することです。

家族へのプレゼントは気張らずに

日常において、本来ならば最もプレゼントする機会が多いのは「家族」のはずです。

 

しかし現実的には、普段からとりわけ仲が良い家族でない限り”照れ臭くてプレゼントしてこなかった”なんてこともあるかと思います。

 

実際のところ、家族へのプレゼントは何歳になって行っても無条件に喜ばれるうってつけの機会です。

 

今までプレゼントしてこなかった方はいつでも感謝の気持ちを挽回する事でができるので、まずはそれぞれの記念日をしっかりと把握してお祝いすることから始めましょう!

 

 

母・父の日に「ペア食器のプレゼント」

家族への贈り物で一番最初に思い浮かぶのが「母の日」そして「父の日」です。

 

一般的に母の日はカーネーションを、父の日には黄色いバラなどを送る事が習慣としてあるようですが、食事に連れて行ったり”キッチングッズ”や”ネクタイ”といった個人的に嬉しいアイテムをプレゼントすることも多いようです。

 

中でも夫婦の仲が良い家庭にオススメなのが「ペア食器」です

 

オーソドックスな”茶碗”や””などの普段からたくさん使う食器に始まり、夫婦の好みが一致している場合はペアの「ロックカップ」をプレゼントすると、夫婦仲もさらに深まることでしょう。
夫婦茶碗

 

結婚記念日に「旅行券」

若い頃は「結婚記念日」は毎回旅行に行っていたというご家庭も少なくありません。

 

子供ができてからは何かと家を離れられないことも多いことでしょう。

 

そんなときに、子供から両親へ旅行のプレゼントをしたら喜ばれること間違いなしです…!

 

プレゼントをするならば断然オススメなのが「カタログ式ギフト」です。

 

よく食器や家電などの生活用品をカタログから選んでギフトとして受け取るものはありますが、それの旅行バージョンだと思っていただいて構いません。

 

選べる旅行場所は全国規模の旅館・ホテルで、プランも値段から選べるので1冊読めば利用したい旅行内容が必ずいくつか見つかるはずです!

 

 

家族のお祝いごとに「お取り寄せグルメ」

例えば父親や母親の昇進や、兄弟・姉妹が受験に合格した場合など、家族全員でのお祝い事を行う場では個人へのプレゼントではなく「お取り寄せグルメ」などの全員で楽しめるものを持ち寄るというのが効果的でしょう!

 

最近では「ふるさと納税」での豪華な返礼品が注目を集めています。

 

ふるさと納税を行うことで”寄付金控除”を受ける事ができるので、家族へのプレゼントと同時に節税を行うこともでき、みんなが喜ばしいものになります!
家族でカニしゃぶ

 

家族へのプレゼントは感謝の気持ち

家族へのプレゼントはしなくても問題はありませんが、行動に表さなければ感謝は伝わりません

 

特に共同生活を送っている以上、必ず誰かに迷惑をかけていることは間違いないのではないでしょうか?

 

プレゼントは家族であっても必ず喜んでもらえます。

 

ほんの少しでも感謝の気持ちを見せるために、まずは個人の誕生日からちゃんとプレゼントを送るようにしてみてはいかがでしょうか。

TOPへ